大自然の神秘 オーロラ

天空のキャンバスに舞う神秘的な光のカーテン、一生に一度は見てみたい!極地地方で見られる発光現象「オーロラ」。夜空に繰り広げられる神秘的な光の舞はとても幻想的です。オーロラは地球の磁気と太陽から飛んでくるプラズマが、ものすごい速さで地球の大気にぶつかることで発生するエネルギーなのです。オーロラ鑑賞に適していると言われる北緯65~80度付近のエリアを「オーロラベルト」といいます。オーロラベルトには、北欧やアイスランド、カナダ、アラスカが含まれています。その中のカナダではイエローナイフとホワイトホースでオーロラ鑑賞をすることができます。一生に一度は見てみたい「オーロラ」をカナダで体験して下さい!!特にイエローナイフでは3日間滞在した場合の鑑賞率がなんと90%といわれています。

©Aurora Village
オーロラ/イメージ
犬ぞり/イメージ
オーロラ/イメージ

写真提供:ユーコン準州観光局

オーロラとは?

太陽から地球に向かって常に太陽風が吹いていますが、地球は磁場に覆われているため、太陽風は弾かれます。S極(北極側)とN極(南極側)が磁力線で結ばれていますが、磁極では隙間から一部の太陽風が進入します。 その太陽風に含まれている帯電粒子(高粒子プラズマ分子)が大気圏の酸素と窒素とぶつかり合った時に発光される自然現象が「オーロラ」です。

©Aurora Village

オーロラベルト

オーロラが最も出現しやすい場所は地磁気緯度65~70度の付近で、北極の回りを囲むように帯状のエリアに発生することから「オーロラベルト」と呼ばれています。 イエローナイフ(カナダ)、ホワイトーホース(カナダ)、フェアバンクス(アラスカ)、レイキャビック(アイスランド)などはこのオーロラベルト直下にある為、オーロラ鑑賞には適しています。

©Aurora Village

どこで見る?イエローナイフ

カナダ極北にあるイエローナイフは北緯62度「オーロラベルト」の真下に位置し、晴天率がよいことから抜群のオーロラ鑑賞率を誇る人気の地です。また、ノースウェスト準州の州都で人口18000人の半分は先住民が占め、未だに先住民の文化や伝統が色濃く残ります。 オーロラ鑑賞専用施設オーロラビレッジでオーロラ鑑賞を楽しめます。Freedomなら2時間前入り!さらにディナー付プランで通常の鑑賞プランよりも早く、19時頃にオーロラ観察専用ビレッジにご到着&ディナー。ディナーを楽しんでいる間にオーロラが出現するかも!?オーロラ鑑賞だけではなく、かつてダイヤモンド採掘で発展した街の観光も楽しみのひとつです。また、オーロラが出現するまでの間、極寒地ならではの様々な体験ができます。日本ではなかなかできない体験にも是非チャレンジしてみてください。

ホワイトホース・アクティビティ/イメージ

どこで見る?ホワイトホース

豊かな自然を抱くオーロラベルトの南側に位置する街。アメリカのアラスカ州境に位置するホワイトホース。カナダのユーコン準州の州都であり、雄大な自然がそのまま残っている街です。オーロラ観賞に適した天候と立地から、世界中の人々が大自然に包まれたオーロラを求めて訪れます。手つかずの大自然、山岳景色とオーロラのダイナミックな風景。世界遺産クルアニ国立公園とオーロラの競演は、ぜひとも写真におさめたい絶景です。また、カラフルな街並みを散策しながら、ショッピングやグルメも楽しめます。

©Aurora Village

防寒具について

厳寒の中のオーロラ鑑賞に欠かせないのが防寒着。真冬はマイナス35度以下にもなる想像を絶する寒さ。普通のスキーウェアだけでは十分ではありません。防寒具一式のレンタル代金はツアー代金に含まれています。ジャケットの下は長袖の下着にフリース1枚、ズボンの下には防寒タイツと厚手のくつ下がよいでしょう。

©Aurora Village

オーロラを撮りたい!!

暗くて寒い環境下の中で、光の弱いオーロラを上手に撮影するのは至難の業です。でもオーロラ出現の感動を一生の思い出にするために自分のカメラに収めたいものです。まずはシャッタースピードを遅くし、露出補正と感度を最大値に設定できるカメラが必要です。最近のデジタルコンパクトカメラでも花火モード、夜景モード、 星空モードなどのシーン設定があれば、撮影可能な場合もあります。手ぶれを防ぐため三脚をお忘れなく(有料でレンタル可能な場合もあります)。また、ミトンの下に肌にフィットする薄手の5本指の手袋もあると、極寒の中カメラを操作するときに重宝します。素手で金属に触れると凍傷になる場合があるのでご注意。極寒の中の撮影に最も注意したいのが、バッテリーの消耗と結露の防止。いざオーロラ撮影の際にバッテリーがない、結露でカメラが動かない! なんてことがないように、こまめにジャケットの中でカメラを温めるなどして対策をしましょう。また、もし自分のカメラで撮れなくても大丈夫! 例えばイエローナイフのオーロラビレッジではスタッフがオーロラをバックに記念写真を撮影してくれます(有料)。 プリント、CDにも焼いてくれます!

ツアーに関するお問い合せ、オーダーメイドツアーの見積り、出発間際の残席照会などお気軽にお問い合せください!

Tトラベル

Eメールでのお問い合せ

24時間受付
(ご返信には1営業日以上掛かる場合がございます。)

お電話でのお問い合せ

営業時間:月~金 10:00 - 18:00
(土・日・祝・年末年始:休業)