スペイン・アンダルシア地方を訪ねる

スペインの南に位置するアンダルシア地方。ここにはスペインと聞いてイメージする、フラメンコ、闘牛、ひまわり、白い村々・・・それらを、まさに目にすることができる地方です。8世紀はじめから約800年にわたり、イスラム教徒に支配されたこの地方には、他のヨーロッパとは一味違うイスラム文化の教会や宮殿などが数多く残っています。しかしながら、ここはスペイン。出会う人々はとても陽気でフレンドリー。そんなスペインの魅力に会いに行ってみませんか?フリーダムヨーロッパのツアーでは、公共交通機関でアクセスしにくい白い村々のミハスやフリヒリアナへ、専用車でご案内しますので、容易に観光できます。

アンダルシア地方/イメージ
アンダルシア地方/イメージ
フリヒリアナの街並み/イメージ

マラガの街並み/イメージ

マラガ

地中海に面したマラガは、コスタ・デル・ソル(太陽海岸)の中心地。そして有名な画家パブロ・ピカソの生まれた町として有名です。夏は夜10時ころまで明るく、町にはバールやレストランが数多くあり、深夜まで賑わっています。また、白い村々観光への出発地点でもあります。

ミハスの街並み/イメージ

ミハス

まさに「白い村々」の代表格。この地方の家々の白い壁は、夏の強い日差しを反射して暑さを避けるための工夫です。ここミハスでは窓辺に飾られた色とりどりの花々と合わさって、まるで絵画のような風景が広がります。名物ロバタクシーで町を散策するのも一興。

フリヒリアナの街並み/イメージ

フリヒリアナ

日本のガイドブックには殆ど紹介されていないフリヒリアナ。そのため日本人観光客はあまり見かけません。今でも村の人々が実際に暮らす白い家並みは、太陽の日差しを反射してまばゆいばかり。山沿いに開けた町は石畳の坂道を登りながらゆっくり観光しましょう。旅人気分満点です!

アルハンブラ宮殿/イメージ

グラナダ

いわずと知れた「アルハンブラ宮殿」のふもとに開けた町。その歴史は古く、起源はローマ時代までさかのぼります。イスラム文化が色濃く残る街角は、スペインにいながら異文化を感じる町です。アルハンブラ宮殿のナスル宮殿入場は予約必須ですが、満席が多いので、早めのご計画を!

ツアーに関するお問い合せ、オーダーメイドツアーの見積り、出発間際の残席照会などお気軽にお問い合せください!

Tトラベル

Eメールでのお問い合せ

24時間受付
(ご返信には1営業日以上掛かる場合がございます。)

お電話でのお問い合せ

営業時間:月~金 10:00 - 18:00
(土・日・祝・年末年始:休業)