マルタ島ってどんなところ?

「地中海に浮かぶ宝石」といわれるマルタ島。小国ながらその歴史は古く、小さな島にナゾの巨石神殿を始め、数多くの先史時代からの遺跡が点在しています。マルタの魅力は多彩。それらの遺跡巡りはもちろん、マルタ自慢のビーチリゾートで過ごすリゾートホテルライフ、昔ながらの雰囲気を残す漁村、多くの観光客が行きかう首都ヴァレッタや活気あふれるスリーマ、サン・ジュリアンでの街歩き、軒を連ねるレストランでのマルタ料理に舌鼓を打つ食べ歩きなど、何日いても飽きません。時にはマルタ島から足を伸ばしてゴゾ島、コミノ島への観光もおすすめ。電車が走っていないこの国では、マルタっ子に混じって地元のローカルバスを利用してみては?

マルタ島遠景/イメージ
マルタ島/イメージ
ポパイ村/イメージ
マルタ島遠景/イメージ
イムディーナ/イメージ

ヴァレッタの街並み/イメージ

ヴァレッタ

マルタ共和国の首都。1565年のトルコ軍との戦いに勝利し、聖ヨハネ騎士団長によって築かれた要塞都市です。その面影を残しつつも今の時代と融合した街並みはみどころがいっぱい。街ごと世界遺産に指定されていますが、いつも多くの人々で賑わい、活気付いています。

イムディーナ/イメージ

イムディーナ

マルタ島の中央部、小高い丘の上にたたずむ町。ヴァレッタが首都になる前には、かつての首都でした。最盛期には貴族の館が建ち並び首都の賑わいがありましたが、首都が移転してからは人口も減り「静寂の町」と呼ばれるようになりました。今は中世の面影を残す街並みを、馬車に乗ったり歩いて散策してみては?

コミノ島/イメージ

コミノ島

マルタ本島とゴゾ島の間に浮かぶコミノ島は3K㎡にも満たない小さな島。しかしここにはどこまでも青く透き通るブルー・ラグーンが訪れる人を魅了します。
海に浮かぶボートがまるで宙に浮いているようにさえ見えるほどの透明度!マルタに来たら必ず訪れたいスポットです。

ゴゾ島/イメージ

ゴゾ島

マルタ島の西側、フェリーで1時間あまりで到着するゴゾ島は、マルタ共和国第2の島です。地元ではマルタ人、ゴゾ人と呼び分けているほどマルタ本島とは個性が別れます。ゴゾ島はどこか牧歌的で、のんびりするには最適。マルタから日帰りでも行けますが、是非2泊以上するのがオススメ!

マルタ島/イメージ

サン・ジュリアンとスリーマ

スリーマからサン・ジュリアンへ伸びるプロムナードは美しい海岸線に沿ってどこまでも続く散歩道。マルタの日差しを浴びながらそぞろ歩きが楽しめます。エコノミーからデラックスまでホテルが建ち並び、レストランやカフェ、カジノまでもが揃っていて、マルタでの滞在を飽きさせません。

マルタ料理/イメージ

マルタ料理

英国、イタリア、北アフリカの影響を受けているマルタ料理。典型的なものはウサギ料理(写真はウサギ肉のシチュー)やメカジキ、シイラなどの魚料理です。そのほか、デーツパイやサボテンの実、マルタパンなどもぜひとも試してみたい食材。知る人ぞ知るマルタワインや地ビールとともに味わってみては?

ツアーに関するお問い合せ、オーダーメイドツアーの見積り、出発間際の残席照会などお気軽にお問い合せください!

Tトラベル

Eメールでのお問い合せ

24時間受付
(ご返信には1営業日以上掛かる場合がございます。)

お電話でのお問い合せ

営業時間:月~金 10:00 - 18:00
(土・日・祝・年末年始:休業)